スポンサードリンク
img01

青森県ってどんな場所?

青森県は、大きな分け方をすると

南部藩と津軽藩という

仇敵のような二つの藩を

一つの行政区にした

運営の難しい自治体です。

互いに南部衆、津軽衆と区分していますし

他県の人には区別が付きませんが

言葉も微妙に違います。

北海道新幹線の影響!

八戸市を中心とした下北半島側と

弘前市を中心とした津軽半島側では

違う魅力を発信して

観光でも競い合っています☆

県庁所在地である青森市が

間で困っていそうです(^-^)

いろいろな場所の魅力を

感じたいですね!

そんな青森県ですが

先に新幹線が開通した八戸市でしたが

青森延伸とともに“通過地”

になってしまいました…

東日本大震災が逆風になったことは

否めませんが何とか一時下車でも

してほしいところです!

北海道新幹線の開通とともに

“通過地”となった弘前市などの

津軽衆も苦戦しています!

現在終着駅となっている

新函館北斗駅から旧JR駅では

5つの駅を隔てることとなった

函館市も活性化には至っておらず

既に2030年札幌市までの

延伸が実現した場合を

危惧する声さえ出ています!

北海道新幹線は開通と共に

喜びの声もありましたが

様々な問題もある様子ですね。

img05

温泉も魅力的◎

生活圏は函館市という

津軽海峡を隔てた大間町が

全国区の大間マグロを引っ提げて

存在感を見せています♪

弘前市を中心とした

津軽半島を観光して函館市に移動し

フェリーで大間町のある

下北半島まで足を延ばして

もらおうという狙いです!

もともと下北半島も津軽半島も

温泉地に恵まれ

いわば秘湯だらけなのです♪

湯の川温泉という全国的に名の通った

温泉のある函館市を挟んでの



スポンサードリンク

観光を売りだ出しています!

秘湯というのは

とても魅力的ですね!

img02

青森県の魅力★

青森市のねぶた祭り、

弘前市のねぷた祭り

函館市の港祭りと

3つのお祭りはとても有名です!

みなさんも一度はその名を

聞いたことがあるのではないでしょうか?

この3つのお祭りは

とても楽しく、魅力的です♪

各種のイベントでタッグを組むだけではなく

津軽海峡のマグロや温泉

といった季節限定ではないもので

人を惹きつけなくては長続きはしません♪

地図を見ていただくとよくわかりますが

青森市から大間町に足を延ばすのは大変ですが

函館市から大間町へ足を延ばすのは存外楽です!

船旅が加わることも魅力の1つです♪

船旅を考えてみるというのも

1つの案かもしれませんね★

img03

天気を要チェック!

問題は天気に左右されることです!

函館~大間航路は欠航が多いので

日程に余裕のある方に

限定されることがネックになります!

天気を事前にチェックして

計画を立てることが大切です◎

人口減少が著しい地域ですが

松前藩が統治したり

津軽藩や南部藩が統治したこともある

蝦夷地を介して南部衆と津軽衆が仲良く

青森県の魅力を

発信し続けることが大切です♪

大間町とはギクシャクしたニュースが

多い函館市ですが

新幹線開通という明るいニュースを

追い風にするには青森県と仲良くしなければ

途中下車をしてもらえない

2030年が現実のものとなってしまいます★

青森県について

もっと知りたい方はこちら

img04


商品一覧

商品詳細