スポンサードリンク
img01

熱中症や熱射病に注意!

うだるような8月が終わり

ようやく春に巻き上げたつるべが落ち始めた9月。

暦の上では秋を迎えても

なお、各地の新聞の地方欄には

連日のように熱中症や熱射病で

体調を崩す方の記事が続いています。

もっとも、最高気温が30度を軽く越える

残暑の中では当たり前の話なのですが

悲しいことに少し夜更けの温度が下がったぐらいで

つい、天気予報や各地の気温といった

データのチェックを忘れてしまい

無防備な状況で外出。

翌日の新聞の片隅に

名前が載ってしまうなんて話になりがちです。

過去に何度もあった悲劇ですが

やはり、人間は年を重ねるごとに

こういったミスを犯しやすくなる存在であることを

自覚しなければいけません。

気温は要チェック◎

そんな中で、特に重要となるデータが

気象庁の発表する9月における

日本の最高気温のランキングで

1位の埼玉県熊谷市や

2位の群馬県館林市などでは

最高気温が39度という

9月にしては脅威の数字を記録!

まだまだ夏の暑さは抜けませんね。

また20位以内に日本海の各都市が軒を連ねているのは

この時期、台風によるフェーン現象によって

温度が急上昇したためで

9月に残暑が残る場合

西日本よりも東日本内陸部

および日本海側のほうが厳しいという特色があります☆

img02

これは、中部より西、

特に九州沖縄地方が台風の影響で

温度が下がりやすいのに対し

東日本内陸では上空からの熱に加え

ヒートアイランド現象による熱波が

海風で東京から送られてくるためで

田舎ではなく都会だからこそ

より熱中症に気をつけないといけないのは

そういう理由があるからなのです♪



スポンサードリンク

湿度も気にしよう☆

ただ、逆に湿度については

台風が上陸する西日本のほうが厳しく

日本気象協会で定める

ジメ暑指数(湿度と温度を合わせた指数)では

西日本の各県が軒並み上位を占拠!

夏の温度が高いのは関東でも

夏にジメジメして過ごしにくいのは

関西というイメージを図らずも

数字の上で立証しています◎

もちろん、年間を通してみれば

全国どこでも過ごしやすい季節と

過ごしにくい季節があるのが道理であって

特に問題は無いのですが

夏場をようやく乗り切った

お年寄りのいる家庭では

こういった情報こそが重要になります!

このような数値を把握しておくことは大事ですね♪

前述の群馬や埼玉ジメ暑指数で上位に来た

熊本や鹿児島、奈良といった地域に住む人は

こういった情報や指数のチェックと

もしものときの備えることで

新聞の片隅に名前が掲載されるような

悲劇を防がないといけません☆

img03

これからもまだまだ!

あわせて、10月の最高気温の記録についても

記載しておくと軒並み日本海側の各都市が

台風のフェーン現象によって

34度を越える状況になったものが

ほとんどであって

そういった話にさえ気をつければ

熱中症や日射病といった対策は

8月や9月よりもより簡単になります!

ジメジメや台風はこれからもまだ続きます!

情報をチェックして対策をしましょう☆

気象庁はこちら

img04


商品一覧

商品詳細